「坂本さん大丈夫ですか?」と隣で心配そうに平本君が俺に話しかけてきた。 「大丈夫」と言うのが精一杯の俺であった・・・